早生まれの中学受験!2022年☆

早生まれの息子(2010年3月生まれ)と目指す2022年中学受験!四谷大塚提携塾に通っています。

志望校は…

 

 

志望校のアンケート

塾から春期講習の申込書と一緒にアンケートをもらってきました。

アンケートには志望校の記入の欄があります。

3年生の頃は空欄で提出していたのですが、そろそろ記入しないといけないのかと頭を悩ませています。

私の高校・大学受験

私は首都圏の出身で中学は地元の公立中学に進学しました。公立中学では定期テストは学年トップで、高校受験対策で早稲田アカデミーに通っていました。早稲アカでは特訓クラスに在籍していましたが、私は高校受験に関しては特に野心がなく、仲のいい友達がみんな一つ下のレギュラークラスにいたので自分もそっちのクラスがいいなぁなんて思っていました。

憧れの志望校も特になかったので高校は公立でも私立でもよかったのですが、私の母親が都立御三家と言われた高校の出身で、周りがみんな東大を目指す為、学校の授業で難しい物理を最後まで受けないといけなくて大変だったので、娘達は大学受験のために高校から私立に入れた方がいいと考えてくれたそうです。なので、高校は高校受験では県内トップクラスの私立の女子高に進学しました。

私にはそこの高校がとてもあっていて、ミーハーな友達と毎日キャッキャ言いながら楽しく過ごし、そこそこ勉強し現役一般入試で早慶上智のうちのどれかの大学に進学しました。妹も同じルートで早慶上智のうちのどれかの大学に進学しています。ちなみに大学受験の時(高校時代)は私も妹も塾や予備校には一切通っていません。

息子の中学受験を考えた理由

自分も妹もそんな感じでそこそこの勉強で大学受験まで乗り切れたので、息子も同じようなルートで高校から私立に行けばいいかなと考えていました。

それを私立の中高一貫の先生をしている知り合いに話したところ、「今は高校から入れる私立が減っているから大学受験を考えるなら中学から私立に入れた方がいい」と言われたのです。

そこで今住んでる地域の高校受験について調べてみると、どうやら内申制度が色々と面倒らしい。内申点の為に部活や委員を頑張らないといけないということと、高校から入れる私立高校が限られていることを知りました。

息子の学区の公立中学は部活動が盛んですが、息子が入りたい部活はありません。スイミングを習っているのでしいていえば水泳部くらい…

そう考えてみると私立の中学校は幅広い部活動がありますよね。

息子は電車が大好きないわゆる子鉄です。私立の中学なら鉄道研究部で鉄仲間と楽しく過ごせるのではないかと思い中学受験を考えるようになりました。内申点のことも気にせずに好きな部活をできるのは最高ですよね。

学校見学

私立の中学の鉄道研究部がどんな感じなのか雰囲気を知るために、3年生の間にいろんな学校の文化祭にお邪魔しました。

(以下、あいうえお順に)

・浅野中学

麻布中学

・海城中学

・慶応普通部

駒場東邦中学

聖光学院

・早稲田中学

 

同じ鉄道研究部でもそれぞれの中学で特徴があって面白かったです。

鉄道研究部以外にも、息子の好きな地学や科学、物理部なども私立の中学は活動が盛んなので息子にとって文化祭見学はとても楽しかったようです。

まだ決められない

色々と見学しましたが息子的にはどこの鉄研も楽しすぎるようで、ここの中学がいい!とは決められないそうです。

なので、アンケートの志望校の欄は今回も空白です…

今年もまた4月、5月にある文化祭に色々と行って息子にあった志望校を探したいと思います。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(四谷大塚)へ
にほんブログ村