早生まれの中学受験!2022年☆

早生まれの息子(2010年3月生まれ)と目指す2022年中学受験!四谷大塚提携塾に通っています。

あっという間に組分けテスト

 

スポンサーリンク
 

組分けテスト

あっという間に2月も終わり、来週末は組み分けテストです。

息子の通う塾ではマンスリーテストか四谷大塚の組分けテストのどちらかを選択制なのですが、組み分けテストを受けるのは息子だけのようです。

塾で申し込みをしたのですが、受験票はまだもらってません。なので、どこの会場で受験なのかもまだわからないのですが、来週になってももらえなかったら塾に問い合わせてみようと思います。

息子の塾、こんな感じで結構ゆるくのんびりなので、自分から調べたり問い合わせないといけないこともたまにあるのですが、言えばきちんと調べて対応してくれます。

ちなみに1月末に受けたマンスリーテストの結果もまだ返ってきてません…マンスリーテストはいつも忘れた頃に返ってくるので、もう慣れっこなのですが(笑)

でもこのゆるくてアットホームな感じが私は好きです。あまりガツガツしているのは好きじゃないので。

マンスリーテスト(キャンパスマンスリーテスト)

息子の塾は四谷大塚提携塾ですが、3年生の頃のテキストはクロノクリエイトから出ているCompassを使用していました。副教材はコンパス錬成問題集を使っていました。このテキストは早稲田アカデミーの小3の子達と同じテキストです。

マンスリーテストも3年生のうちはCompassを出版しているクロノクリエイトのCANPASSマンスリーテストを受けていました。早稲アカの3年生の子達もマンスリーはこのテストを受けています。

 

f:id:hayaumarejuken:20190228120820j:image

なので、3年生の頃はお子さんが早稲田アカデミーに通塾されてる方のブログやインスタ、インターエデュの早稲アカのスレッドを参考にさせてもらっていました。

そこでの情報によると早稲アカでは1月末のテストは四谷大塚の組分けテストで、そのテストが新4年生からのクラスにも関わってくるので「天下分け目の組分けテスト!」と言って皆さん色々と対策されているのを拝見して、うちも同じ組分けテストを受けるのかぁと思っていたのですが…

息子の塾ではいつものCANPASSマンスリーテストだったので拍子抜けしてしまいました(笑)

ということで、来週のテストが息子にとって初めての四谷大塚の組分けテストです。

 

スポンサーリンク
 

3年生の頃のマンスリーの結果

 せっかくなので、3年生の頃のマンスリーテストの結果を記録に残しておこうと思います。

2018年7月 

算数  偏差値 71

国語  偏差値 55

2科目   偏差値 65

 

2018年10月

算数  偏差値 63

国語  偏差値 58

2科目   偏差値 62

 

2018年11月

算数  偏差値 65

国語  偏差値 65

2科目   偏差値 67

 

2018年12月

算数  偏差値 62

国語  偏差値 55

2科目   偏差値 60

 

国語は記述問題が苦手です…

公文の癖なのか、記述問題を文章中の言葉そのままを抜き出して答えにしようとしてしまいます。もう癖になって染みついてしまっているんですよね…答えになる複数の部分をピックアップして、自分の言葉でまとめるということが苦手です。あとは、漢字がたまに自己流になってしまっていること。物語文の気持ちの問題。これが今後の課題です。

www.hayaumarejuken.com

来週の組分けテストはどうなることやら。塾ではマンスリーの対策はしてくれますが、組分けテストの対策は特にないので、とりあえず予習シリーズや演習問題で復習するのみですね。

今のところクラス分けに組分けテストの結果や偏差値が影響するということもないので、力試しのつもりで頑張ろう!

 

スポンサーリンク
 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(四谷大塚)へ
にほんブログ村