早生まれの中学受験!2022年☆

早生まれの息子(2010年3月生まれ)と目指す2022年中学受験!四谷大塚提携塾に通っています。

【結果】四谷大塚 公開組分けテスト4年 第2回

 

公開組分けテスト4年第2回

四谷大塚公開組分けテストの結果がでました。

27日に組分けテストがあり、翌日のお昼過ぎには素点がでて、昨日のお昼前には偏差値と順位がでていました。

前回もそうですが、毎回この採点の速さに驚かされます!

夜中に採点されてるんですよね。

私も大学生の時に進研模試(大学受験向けの模試)の採点のアルバイトしたことがあったのですが、その時は勤務時間は昼間だし、そんなに急かされることもなく自分のペースで採点できたを覚えています。

大学生の時は家庭教師や塾講師のバイトもしていたけど、自分でシフトを決められて自分のペースでできるこのバイトが一番好きだったかも。でも模試の時期にしか声がかからないのが残念でした。

なので、四谷大塚の採点のスピードは本当にすごいぁと感心します。

結果

 

前置きが長くなりましたが、結果です。

 

・算数:150点台/200点  偏差値 63

・国語:120点台/150点  偏差値 61

・理科:90点台/100点    偏差値 66

・社会:100/100点       偏差値 65

・4教科:470点台 /550点  偏差値 66   順位:60番台/2748人

 

前回の記事でも書きましたが、この組み分けテストの受験者の分母人数や順位、偏差値は、組み分けテストを受けた人でYT(週テスト)を取っている人しかカウントされないようです。

組分けテストを受けてもYT(週テスト)を取っていない人は組み分けテストの母数に入っていないそうです。

息子はYT(週テスト)は取っていない非YT生なので、今回の順位と結果はYTを取っている人で同じ点数の人の偏差値や順位を当てはめてもらっているだけだそうです。

 

www.hayaumarejuken.com

 

スポンサーリンク
 

まとめ

今回の組分けテストは、途中で春休みを挟み、新学期になってダラダラモードが続いていた割りにはよくできたと思います。

家で算数の問題を解いている時にはやる気のなさからケアレスミス連発でしたが、組分けテストではケアレスミスの数もそこまで多くなかったのでよかったです。

国語は物語文が苦手で、予習シリーズの練習問題さえ難しかったので、どうなるかと心配していましたが、何とかなったので安心しました。

得意な社会は今回満点でした。

理科は一問ミスで惜しかった!春期講習中や通常の授業でもよく理解していなかった月の動きはスタディサプリのおかげで理解が深まりほんとスタディサプリ様様です。

今後も苦手な単元はスタディサプリで補いながら進めていきたいと思います。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(四谷大塚)へ
にほんブログ村